じゃわめぎんど!

特定非営利活動法人 青森じゃわめぎ隊のブログです。
このブログでは、ココロとカラダが「じゃわめぐ」ような人、もの、イベントetc...を「じゃわめぎんど」としてご紹介していきます。
「じゃわめぐ」とは、うずうずする、血が騒ぐ、心が逸る・・・そんな感じを表現する津軽弁です。
第2回 青森ねぶた跳人衆団「跳龍會」
0
    理念は三つの“輪(和)”
    青森ねぶたを愛し、跳人を愛し、跳ねて、跳ねて、跳ねまくる!
    そこから伝えられるものがあると信じて貫く 青森ねぶた跳人衆団「跳龍會」

     
    「跳龍會」
    青森のねぶた好きなら、もはやこの名前を知らない人はいない。
    青森ねぶた祭りに欠かせないもの、ねぶた本体、囃子方、そして、跳人(ハネト)。
    跳人は誰でもなれる。だからこそ当たり前すぎて前面に出てこなかったのかもしれないが、
    跳龍會は「跳人衆団」として名乗りを上げ、青森ねぶた祭りを、別な角度から牽引しようと活動を続けてきた。
    生命力あふれる躍動感と美しい「跳ね力」で見る人を魅了する跳人衆団。
    今回は、その結成当初から、そしてこれからに対する想いを、會頭の後藤公司さん、
    2013年度のミスターハネトである副會頭の倉内一哉さんにうかがった。

     
     
    =まずは、結成のきっかけ、と、言いますか、現在の跳龍會に至るまでの経緯をうかがえますか?=
     
    (後藤)子どものころからやはり「ねぶたバカ」で、もちろんずーっとねぶたには出ていました。
     しかし、1992年(平成4年)頃から「カラスハネト」という連中が出現し始め、
     その横行が徐々にエスカレートしていき、それを排除する為に様々な策が取られました。
     その効果があり、
    1999年(平成11年)にはカラスハネトと呼ばれるハネトは、ほぼ姿を消しました。

     しかし、カラスハネト対策として取られた「一斉スタート」方式により、祭り本部は時間通りの運行にこだわるようになり、
     パレード化されてしまいました。
     つまり、ハネトのさまざまな演出跳ねが、円滑な運行を妨げるというわけですね。
     更に、ハネトを仕切るリーダー的な存在を「つぶし」にかかる人がいて、ハネトが将棋倒しになり怪我をしたという事例もあり、
     それまでハネトたちがよくやっていた「輪になって跳ねる」という昔からある祭りの楽しみ方が「危険行為」とみなされるようになりました。
     そういった理由で、自由であるはずのハネトに対して、しばりが出てくるようになってきました。
     それで、
    2000年(平成12年)頃から、跳ねていても面白くなくなってきたなぁ、と感じ出しました。
     で、思ったんです。「これじゃぁいかん!」と。で、何とかしたい、どうにかしたい、何ができる?と、仲間うちで語り合い、
     現在の跳龍會の前身とも言えるグループになりました。その時は
    30人ほどのメンバーでした。

     
    =確か「関東支部」もありますよね?=

     そうです。関東支部は自分の兄が支部長をしています。現在関東支部の会員は50人ほどです。
     そして今年は、なんと新年早々アメリカ合衆国カリフォルニアからの入会者があったんですよ!

     
    =すごい!正に「ねぶたは国境も超える」ですね=

     そうですね。結成当初も、祭り本番になれば、地元青森県だけではなく、長野、山形、そして関東のそれぞれの仲間が、
      30人くらい引き連れて来るんですよ、そうやって集まった仲間で100人近くで跳ねてましたね。 
     そうしているうちに、大型ねぶたの団体から、自分たちのところで跳ねて盛り上げてくれ、という依頼が来るようになりました。
     そして、実際、自分たちが跳ねた団体は賞を受賞しました。その頃から「跳人組織」の設立について話し合い、
    20097月に「跳龍會」を設立しました。
     現在のメンバーは全体で
    135人ほどですが、すごくコアな仲間ですよ。
     でも、我々は決して「賞取り」の為に存在しているわけではありません。
     跳人へ水を出していただき、跳人の存在を重要視していただける団体へ参加している訳ですが、
     参加団体が「跳人賞を受賞したら他の団体へ移る」というのを決めています。

     
    =副會頭の倉内さんは、昨年度の「ミスター跳人」ですよね?
         一昨年から開催されている「ミスター跳人コンテスト」ですが、出場してみて、いかがでしたか?=


    (倉内)企画自体はとてもいいと思います。
     コンテストにも、小さいお子さんからご年配まで、幅広い年齢層が参加されてますし。
     跳人が脚光を浴びるいい機会だと思います。
     もちろん今年も「ミスター跳人コンテスト」があるわけですが、それまでは自分がミスター跳人なわけですから、
     
    1年間「ミスター跳人」のたすきをかけて、堂々と跳ねています。
     

     
    =倉内さんは「殿堂入り」だそうですが、今年も跳龍會さんから、「刺客」を送り込む?=

     もちろんです。期待していいと思いますよ。

     
    =倉内さんが、跳龍會に入られたきっかけは?=

     元々、現関東支部のリーダーの、後藤會頭のお兄さんの知り合いだったんです。
     それでなんとなく・・・かな? 
     後藤會頭とは
    1999年か2000年で一緒に「初ハネ」をしまして、その「ねぶた愛」の強さに惹かれてぐいぐいと・・・というところかな?
     跳ねて、その後皆で呑んで・・・そうやって徐々に「ねぶた愛」を刷り込まれて行って、
     スターウォーズで言うところのマスター・ヨーダからアナキン・スカイウォーカーに引き継がれて行く、
     みたいな感じで今まできましたね。
     とにかく楽しいし、いい仲間たちです。
     

     
    =ところで後藤さん、子供のころから「ねぶたバカ」だったとのことですが、どんな環境だったんでしょうか?=

    (後藤)父はハネトばか、母はねぶた評論家でしたね。
     子どもの頃住んでいた家が、以前、ねぶた小屋が建っていた浦町小学校のすぐ近くだったんです。
     それで、シーズン近くなると小屋が建ち始めますよね、自然とそわそわしてくるワケです。
     正に「じゃわめいで」くるんですね。
     用も無いのに小屋をのぞきにしょっちゅう行くんですよ。ねぶたが始まるのを本当に心待ちにしていましたね。
     


     で、いよいよねぶたが始まる。昔は、自宅で「鏡開き」をしてから出陣していました。
     そう、大人は呑むわけですよ。
     ウチの親父もその仲間たちも同様で、ちょっといい気分になってからねぶたについて行く。
     今と違って昔はそういう意味でのおおらかさがありましたからね、多少のもめ事があっても、
     どっか上手に自分たちで丸めこんじゃうような感じでしたね。いい時代です。

     で、そんな空気と喧騒の中、ねぶたが出陣していくわけですよ、あの、独特の感覚、
     ガヤガヤとした中に、ピピー、ピピー、と、扇子持ちのホイッスルの音が高く響いて主役の「ねぶた」がしずしずと動き出す。
     曳き手の威勢のいい掛け声と、ホイッスルの音で、その日の祭りが始まる。
     あの感覚がどうしようもなく好きでしたね。
     


     母は、毎年、それぞれのねぶたに対して鋭い評論をするんですよ。
     それがまた、中々に的を得ていて・・・そんな環境でしたね。
     で、父親の仕事の都合で転校して、数年間八戸市、弘前市に転居していたことがあるんですが、
     その時はすごく切なかったですね。
     そういった経験をしたからこそ、青森に戻ってきて、ねぶたができる事がより一層嬉しかったですね。

     地元の人って、ねぶた祭りがある事が当たり前、になっている感覚があると思うんです。
     案外、地元の祭りのありがたみってものがわかっていないようなところ、ありますよね。
     それはとってももったいない事。贅沢すぎますよ、こんな祭り。
     それを地元の人がもっと誇りに思って、楽しむようでなければ、どんどん衰退していくんじゃないでしょうか。
     極端に言えば、一回、ねぶた祭り、休んでみればいいのかも。
     そうしてみれば、どんなに自分たちの地元の祭りがすごいのかに気づくかもしれませんね。
     

     
    =ハネトとして、衣装やスタイルにもかなりの「こだわり」を感じるのですが=

     そうですね、全部に、「こだわって」やってます。
     衣装だって、着付けがガタガタだったり、ヨレヨレだと、まずカッコ悪いじゃないですか。
     まずは格好から、で、基本美しく、姿勢としてあいさつはきちんと、
     人としてそういったポリシーをしっかり持っていれば、それが全てに出てくると思うんです。
     だから、妥協はしません。跳龍會のロゴマークや、
    Tシャツのイラストにもかなりこだわりました。
     

     
    =イベントに出られている所も何度も拝見していますが、「跳ねる」事自体をパフォーマンスとして出来るというのは凄いと思いました。
         何人かが揃って、跳ねている様子は本当に力強く、その躍動感が「美しい」といつも思います=

     

     ありがとうございます。祭り期間中は、毎日、跳ねる前にレクチャーするんですよ、初級→中級→上級みたいな感じで。
     あと、意外と大事なのは「掛け声」。これにもこだわっていて、必ず「ぁ」を入れて下さい、って言うんです。
     ただ「ラッセラーラッセラー」と言うだけじゃなく、頭に「ぁ」を入れて「ぁラッセラーラッセラー」と。
     あの「ぁ」の粋、ですよね。これが大事。
     


     東北六魂祭パレード本番中、そうやって我々が真剣に跳ねていると、観客が涙してくれるんです。
     これには感動します。
     そんで、祭り本番では、子どもたちがキラキラした目で我々を見てくれるんですよ。
     で、「すげーハネトいたよ!」って、周りに興奮して伝える・・・自分も跳ねてみたいと思う・・・そう思わせる事、
     これが跳人としての自分たちの目標、ですね。
     


     
    =そういえば、私が初めて跳龍會さんとご一緒させていただいた時の事を覚えていらっしゃいますか?
     
    AOMORI春フェスティバルの時でしたが、私は「囃子体験コーナー」のMCをやっていたのですが、
     担当の方から「今年は跳人のグループが一緒にやりますので、よろしく」と、言われて
     「跳人のグループ?」と、思ったのですが、それが跳龍會さんでしたね・・・
     初めてパフォーマンスを見て衝撃的だったのを覚えています=


     そうでしたよね、春フェスに初参加して、パレードや内容が結構しんどくて、
     控室で疲れて寝っ転がっていたら、声を掛けてもらったと思います。
     その辺りからなんか繋がっていたのかもしれませんね。
     

     
    =最後になりますが、跳龍會としてのこれから、また、伝えたい事があれば=

     とにかく「今のままでいいのか」ということを言っていきたいです。
     そこには色んな意味を含めてではありますが。 
     跳龍會は「三つの輪(和)」をテーマにしています。
     跳ねて楽しむ、感じて楽しむ、伝えて楽しむ、「楽の輪」「感の輪」「伝の輪」常に、この三つの輪を伝えて行きたいのです。
     


     ねぶた祭りだけではなく、地元青森に対して色んな深い想いがあります。
     一旦ゼロベースで改めて考えて、そしてその上で、自分たち跳人の場所を作りたい。そう思っています。

     三つの輪を中心に、これからも青森ねぶた祭りを軸にした活動をしていきます。
     跳人衆団「跳龍會」、見かけたら、気軽に声を掛けて下さい。一緒に、跳ねましょう!!
     

     熱く語って下さった後藤會頭の話には、時を忘れて引き込まれてしまいました。
     そこには限りない「ねぶた愛」があるからなのでしょう。
     昨年、お子さんも誕生し、当然のことながら祭りの「英才教育」に余念がないようです。
     こどもたちの未来に、残し、伝えて行く事。それが我々の使命であります。


     手をつないで、「輪(和)」になろう!後藤會頭は、そういう事を声高らかに訴えている気がしてなりませんでした。
     そんな會頭を支える副会頭の倉内さんは、穏やかな笑顔の裏に
     「ハネトスイッチ」をお持ちなのだという事が十分伝わってきました。
     こんなお二人の元に、人が集まるのも当然、という気がします。


     三つの「輪」を大切に、人と人とを「祭り」という媒体を使って繋げていく。
     跳人衆団「跳龍會」
    はそういう団体なのではないでしょうか。
     最高の賛辞をもって、あえて言わせていただきます。

     彼らは、生粋の「ねぶたバカ」です。ああ、青森に生まれて、祭りがあって、本当に良かった!!


      青森ねぶた跳人衆団 跳龍會
     HP http://www.haneto.net
     事務局 info@haneto.net FAX 017-752-0282
     FaceBookページもあります。
     
     
     
    | jawamegitai2 | - | 02:44 | comments(0) | - | - |
    第1回 笛工房「郷音(さとね)」
    0
      求める相手があってこそ。心を込めて、じゃわめぐ「音」を伝えるこだわりの手仕事。
      「笛工房 郷音(さとね)」

      青森市内でも東方面、と称される側の少し奥の地区、比較的静かな場所にある、佇まいは普通の「家」。
      初めて訪れた人は、少しとまどうのではないでしょうか。でも、確かに外壁にこんな目印・・・。


        
      青森ねぶた囃子を始め、囃子方にとっては「命」とも言える楽器と道具を扱う「笛工房 郷音」さん。

      今回は、主宰の今真佐子さんにお話を伺いました。
        
      −まず、この工房を始めたきっかけは?
        98年に職場の人に誘われて、青森ねぶたの囃子方を始めたんです。最初は勧められた笛を使っていたのですが、
       そのうちに『自分に合った笛が欲しい』と、思い始めて・・・。

        そこで、人を介して知り合った、笛作りの名人の所に行き、許可を得て、その名人が作っている横で作り方の技を盗んで、
       いろいろとやっているうちに・・・という感じです。

       
      −まずは『自分の笛が欲しい』が、スタートだったわけですね?
        そうなんです・・・「この笛だといい音が出ない」って。今になれば、それは単純に自分の技量がなかっただけなんです
        が。

       
      98年・・・と、いいますと、それほど前ではないですよね、ちょっと意外です。
       もっとずっと昔から携わっておられるイメージがあったのですが・・・

        そんなことないのですよ、囃子方もすっかりいい年になってから始めたので。
       
      −そこから、現在の笛工房さんに至った経緯は?
        名人の所へ通い詰めて、親しくなり、笛を作るのが面白くなってきたんですね、そうしているうちに「作った笛を譲って欲
       しい」と、いう方が現れ始めて・・・

        そしてまた大きなきっかけになったのは、その名人が亡くなった事です。
        名人の技を多少なりとも手習いしたものですから、以前、名人が作った笛の修理をしてほしい、という方々が、笛を持って
       くるようになりました。名人亡き後、少しでもお役に立てるのであれば、という気持ちで
      20087月に「笛工房」として
       スタートしました。

       
      −「郷音(さとね)」さんのお名前の由来は?
        最初は「笛工房」だけだったんです。名人が「響会」という会を作っていまして、「響」という字を分解すると「郷」と
       「音」になるでしょう?それでその二文字で「郷音(さとね)」と、しました。


       
      《調子笛》
       3本調子から9本調子まで。音の高さは(低)→(高)
       岩木山の御山参詣の登山囃子から御神輿のお囃子、といったイメージ。
       

       
       

      《修理した笛》
      笛は竹で出来ているので、温度や湿度にも敏感で割れやすい。
      割れた部分に特殊な塗料を入れて、糸で巻いて修理する。

      「ここが割れた部分です」と、教えていただいたが、
      カメラの接写モードでもわからない御見事な仕事。

       


      −では、最初は笛だけだったのが、段々と他の楽器や、収納のための小物も扱うようになっていったのですね?
        そうですね。とにかく、まず、自分で「ああ、こんなのがあったらいいな」と、思うのが始まりです。
        そうやって作ってみたものを皆さんに使っていただき、そこからいただいた声をまた次のものづくりに生かして・・・
        という事ですね。

       

      《ねぶた太鼓のバチ》
       14ミリからお好みの太さが選べる。焼き印がおしゃれ。


         




       
          手振り鉦の房も、お好みの色に染めてくれる。

       こちらは、持ち手までが見事なグラデーション。
       染めて、乾かして、また染めて・・・といった作業を繰り返し、
          房の完成だけでも最短で
      1間以上はかかるそうです。
       最近の房がカラフルなのは、笛工房さんの影響かもしれません。

       

      −それで、笛から派生して太鼓のバチや手振り鉦、そしてそれを収納するための小物類にまでに至ったわけですね? 
       袋物などは、やはり使い手の意見を取り入れてお作りになる?

        そうです。袋物は、生地から仕入れているのですが、同じ生地を使って同じものは作りません。すべて「1点もの」
        にこだわっています。「他の人と同じの持ってる」は、なし、ですよね。

       
      −ちょっと変わった袋物もあるようですが・・・・
        お客様に「こんなのがほしい」と、言われると、じゃぁやってみようかしら・・・、という感じで、
        試行錯誤しながらあれこれと・・・。「別々じゃなく、全部一緒にできるの」とか、

        「内側にポケットつけて」とか。様々ですが、言っていただけるほうが嬉しいし、励みになります。
       

      「生地から仕入れる」こだわり。なので、持ち込みの生地では
       作らないそうだ。
       作ったものは全部覚えていらっしゃる、とのこと
      ですが、
       きらびやかな中に、一番左に、ちょっと気になる生地が・・・

        
              
      「同じ生地では作らない」ので、必然的にこういった3点セット、になるそうです。
        完全にマイ・オリジナル、ですね。


                              
      これは、8本同時に収納できる笛用。
       
      そしてこちらが噂の「全部収納」ポケット付。

       
      地元より、首都圏など、電車移動がある皆さんからの注文が多いとか。 なるほど、頷けます。

       

      −囃子方の皆さんは、やっぱりいい意味での「こだわり」がかなりありますよね。
        そうですね。特に笛などは「誰も持ってないようなもの」とか「とにかくカッコイイの」
        と、いう注文が多いです。後は、所属されてる団体さんで合わせている音の高さが違いますので、
        キーの合ったものをお出ししています。

        笛工房「郷音」では、どなたにでも笛をお出しするわけではありません。実際にお会いした事がある方、
        その方が、どういう方なのか、それがわかる方にしか笛はお作りいたしません。

        最近は、Facebookで、とても多くの方が見て下さって、それは本当にありがたいのですが
        見知らぬ方から「笛を送って」には対応しておりません。顔が見えて、初めて、の仕事です。
        そしてまた「あの方のために・・・」と、人となりを思い浮かべながら作っている時が、本当に楽しい時間でもあります。
       

        とにかく誰も持っていないようなもの、カッコイイもの、
       津軽弁で言う、良くも悪くも「えふりこぎ」の注文に応えるのはさぞかし大変・・・

       いやいや、楽しんでいらっしゃるように感じた。

       
       

      道具」ではあるけど、「自分自身」使い手にはそうであって欲しい、
      という気
      持ちが込められた1点1点だ。
      遠くから見ても「あ、ウチの笛だ!」と、すぐにわかるそう。
      きっと嬉しい瞬間なの
      でしょう。

       


      −最後に、この仕事を通じて感じる事、また伝えたいことは?
        そうですね・・・いらして下さるお客様方とは、本当に不思議なご縁を感じます。
        お客様の顔を見て、お話をして、まず、約束を守ること。
             単純で、毎回同じ事なのかもしれませんが、
        
      その繰り返しこそが大切なのではないかと思っています。
        相手がいてこその、仕事だと感じ
      ています。

        伝えたい・・・といえば、「笛を買い」には来るけれど、「作りたい」、という人がいないんですよ。
        出し惜しみも何もないですから、作ってみたい、という方がいれば教えますよ。
       

       
       
      約束を守る」何気なく言われたこの言葉がとても胸にきました。
      そういう事をこんなにすっきりと言い放てる、凛とした姿勢、まるで自分自身の不誠実さを突かれたようでした。
      また、そういう姿勢がすべての品物の端々に滲みでていると感じました。言うのは簡単ですが、実行するのは容易ではないことです。

      その、誠実さが伝わって、たくさんのお客様が笛工房さんを訪れます。
      訪れたお客様と会って、話して、その人に「合った」道具を作ってくれる。
      究極のオーダーメイドだな、と、思ったのと同時に、
      そうやって作りだす事ができる技術をお持ちなのが大変羨ましく思えました。

      恐らく、きっかけは、小さな「好奇心」それを抱くか抱かないか、探ろうとするかしないか
      扉を開けるのは、自分自身でしかないのですね。その小さな好奇心こそが「じゃわめぎ」の始まりです。
      じゃわめぐ「魂」でじゃわめぐ「もの」を生み出す。それは「使ってもらう」ためにある。

      『相手がいるからこそ』
      人と人との繋がりこそが支える、手仕事なのですね。

      これからも、たくさんの「じゃわめぎ」を生み出して下さい。期待しています



      笛工房「郷音(さとね)」
      〒039-3504 青森市矢田下野尻2
      TEL 017-726-3523
      ★特に定休日や営業時間は設けていませんが、おいでの際はお電話下さい。
      facebookページも「笛工房」で検索してご覧ください。
      | jawamegitai2 | - | 00:47 | comments(1) | - | - |
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>
      + RECOMMEND
      + SELECTED ENTRIES
      + ARCHIVES
      + NPO法人 青森じゃわめぎ隊のブログです
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE